Kontakt/Contact us:

Anna Malikova

E-Mail: mail@malikova.com

 

アンナ・マリコヴァ

旧ソヴィエト連邦ウズベキスタンの首都タシュケント生まれ。タシュケントの音楽学校でタマラ・ポポヴィッチに師事し、その後モスクワ中央音楽院 とチャイコフスキー音楽院でレフ・ナウモフに師事する。卒業後は数年にわたりチャイコフスキー音楽院で教鞭をとる一方で、旧ソ連邦各地の主要都市で目覚ま しい活躍を見せ、新進ピアニストとして注目された。

ソフィア国際音楽コンクール、ショパン国際ピアノ・コンクール、シドニー国際ピアノ・コンクールの著名コンクールに、いずれも上位入賞を果たし、その演奏活動はヨーロッパ全域に広がった。その後、1993年ミュンヘン国際音楽コン クールで第1位を獲得。ピアノ部門で12年ぶりの優勝者となり、確固たる地位を確立した。これまでに、バイエルン放送交響楽団、ケルンWDR交響楽団、ロ シア国立交響楽団、ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団、オスロ・フィルハーモニー管弦楽団、南西ドイツ放送交響楽団、シドニー交響楽団、アカデミー 室内管弦楽団、大阪センチュリー交響楽団、広島交響楽団等、多くのオーケストラと共演している。近年は、ヨーロッパ、南アメリカ、アジアの各地でソロ・リ サイタルや室内楽で活躍するほか、アジア、モスクワ、ワルシャワでのショパン国際ピアノ・コンクール、ヴィアナ・ダ・モッタ国際ピアノ・コンクール、慶南 国際音楽コンクール、フランスでのヨーロッパ国際ピアノ・コンクール等の審査員を務めた

録音の分野では、ショパン、シューベル ト、リスト、ショスタコーヴィチ、プロコフィエフ、ソレールの作品集のほか、アウディーテより「サン=サーンス:ピアノ協奏曲集」(トーマス・ザンデルリ ング指揮 ケルンWDR交響楽団)をリリースし、2006年のクラシック・インターネット・アワードを受賞した。2010年にはアコーセンスより「ブラームス:ピア ノ協奏曲 2番」(ジョナサン・ダーリントン指揮 デュースブルク・フィルハーモニー管弦楽団)を、2015年にはスクリャービン没後100周年を記念し、「スクリャービン:ピアノ・ソナタ全集」をリリー スした。